キリスト教徒の父親に同性愛者であることを受け入れてもらうには・・・

先日、読者の方からこんなメッセージをいただきました。

「こんにちは。

私の父はクリスチャンです。
仕事の関係で私が幼い頃にアメリカに渡り、それからはメールでやり取りをする関係が続いています。

その父に、先日、私がゲイであることをメールでカミングアウトしました。
すると、父から「もうお前とは縁を切る。話もしたくない」と言われました。

なにを言っても父は聞く耳をもってくれません。
どうしたらよいでしょうか?」

クラブ系イベントって楽しめる人と全然楽しめない人とハッキリ分かれると思うの

Party 629240 1280

クラブ系イベントに行くといつも思うこと。

「これって楽しめる人と、来ても全然楽しめない人とハッキリ分かれるだろうなー」
ということ。

こういう類のイベントに限ったことではないでしょうが、イケメンでも肉体派でもないのにコミュ力低くて、おまけにテンションもそんなに上がらない…というような人にとっては、こういうイベントはとってもキツイと思うのです。

 

自分の中にうずまく嫉妬心に負けないための3つのメンタリティ

IMG_0317-540x360

嫉妬やねたみで身を滅ぼしてしまうゲイがたくさんいます。

本当は好きなのに冷たくしてしまって、人間関係を壊してしまう。
思ってもいないことを言って相手を傷つけてしまう。
後先考えないで仕事を辞めてしまう。・・・などなど。

今回は自分の中にうずまいて身を滅ぼしかねない『嫉妬心』に負けない方法を考えてみます。

漠然とした不安を解消する方法

girl-218706_640

芥川龍之介が「何か僕の将来に対する唯ぼんやりした不安」と書き残して自殺したことはあまりにも有名な話です。

実は私もいま大きな仕事を抱えていて、その当日が近づくにつれて、大きな不安にさらされ、プレッシャーに押しつぶされそうになっています。
昨夜も不安のあまり8時間しか眠れませんでした。

今日は私たちが抱きがちな『漠然とした不安』を解消する方法をお教えいたしましょう。