ゲイ・ジレンマ~なぜかわいく振る舞ってしまうのか~


7d8f0a11

ゲイの皆様、ごきげんよう。

ゲイは男らしいが好きです。
男らしい男の方が、ゲイの男から好かれる可能性が高いでしょう。

しかし!
実際にはそれとは全く逆の方向性(つまり、女性的なかわいい方向)に走ってしまうゲイが非常に多いです。

これを『ゲイ・ジレンマ』といいます。



ゲイは男が好き

ゲイは男が好きです。
なので、基本的な好みとしては

『男っぽい人>女っぽい人』

という人が多いです。

これに付随して以下のようなタイプが好まれる傾向があります。

ガチムチ>華奢

短髪>長髪

色黒>色白

低い声>高い声

頼もしい>ナヨナヨ

※これはあくまでも全体的な傾向です。「長髪の方が好き!」という人もいることはいます。

 

では自分はどうか?

前述の項目を見て、「わかるわ~。そうよね~」と思った方も多いでしょう。

では自分はどうでしょう?

・・・と聞かれると、ドキッとしてしまう方も多いのではないでしょうか?

上記のタイプには当てはまらないという人も多いでしょう。
いや、それどころか、積極的(無意識的)にモテない方のタイプになるような行動をしてしまっている人も多いです。

これをゲイ・ジレンマをいいます。

例えば、

・カラオケで女性ヴォーカルの曲を原キーで歌おうとする

・ご飯をあまり食べない

・ナヨナヨしたしゃべり方をしてしまう

・かわいい仕草をしてしまう

などなど。

 

ステレオタイプな男らしさ

つまり、ゲイは相手にはステレオタイプな男らしさを求めるのに、自分は男らしさという型にハマりたくないということでしょう。

それどころか、積極的・無意識的に女性らしい行動、オネエっぽい行動に走ってしまう人も多い。
ゲイとトランスジェンダー(性同一性障害)との間の境界線は実は曖昧なのです。

ゲイがゲイ・ジレンマにおちいる原因はこのあたりにあるでしょう。

これを自覚した上で、

「オネエっぽくてもいいじゃない!これがアタシよ!」と考えるか、
「よしっ!明日からもっと男っぽくなれるようにがんばるっす!」と考えるか、

それはあなた次第です。


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。