体づくりに励むゲイたち


medium_9681542747

via photopin cc

ゲイの皆様、こんばんは。
最近、生姜紅茶にハマッているMです。

ゲイの好みというのは実に千差万別。
デブが好きな人、スジ筋が好きな人、ガリが好きな人、マッチョが好きな人、様々です。

好みがこのようにいろいろですから、相手の好みや自分の理想に合わせて、太りたい人もいれば痩せたい人もいます。

今日はゲイの体づくりについて書きます。



太りたい人

トレーニングの世界に「ガリは甘え」という言葉があります。

「太りたいけど、食べても食べても太らないんだよねー」と言う人が時々いますが、そういう人は大抵、言うほど食べていません。
2~3日、デブと一緒に過ごしてみれば、自分の非力さを思い知ることでしょう。

太りたければもっと食べなさい。
ご飯にバターかけて食べなさい。寝る前にポテチ1袋食べなさい。毎食後、デザートを食べなさい。
「食べても太らない」なんて言うのはその後です。

 

痩せたい人

痩せたい人はまずは食べる量を減らしましょう。

「食べる量を減らすと筋肉量が減るから云々・・・」という人がいます。
そういうのを『理論デブ』と言います。

スベコベ言わずに少しでも食べる量を減らしてみてください。
例えば、夕食の時、炭水化物を抜くとか。まずはそれだけでもOKです。

というのも、運動で脂肪を減らすというのはすごく大変なのです。

ジョギングを30分しても、ご飯1膳分ぐらいのカロリーしか消費できません。
脂肪を1kg減らすには、フルマラソンを3回走らなければなりません。

ですから、痩せたい人はまずは食事量を少し減らし、無理のない範囲で運動もしていく、というのが一番王道なのです。

 

筋肉を増やしたい人

筋トレをして、たくさん食べましょう。
筋トレをして筋肉を痛めつけたら、できればプロテインを飲んで筋肉の補修を助けましょう。

筋トレについて、多くの人が勘違いしていることが3つあります。

ひとつめは、たくさん回数をこなしても筋肉は大きくならないということです。
よく「腹筋100回、腕立て100回やった」などと言いますが、これは無駄です。

実は回数をこなすよりも、回数は少なくてもその分、負荷を上げた方が効果的なのです。
100回やるより、ゆーーーーっくり20回やる方が効果が出ます。(ゆっくりやることで負荷が上がるため)

ふたつめは「ダイエットのため、腹筋をする」というような勘違いです。
筋トレをしても脂肪は減りません。
ダイエットをしたいなら有酸素運動をするか、食事量を減らすしかないのです。

 

・・・ということで、ゲイの皆様、明日からまた肉体改造にいそしみましょう!


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。