タチ、ネコ、リバの割合 まとめ


e7c0f12a

タチ、ネコ(ウケ)、リバの割合はどれくらいか?
ゲイにとって永遠の命題です。

今日、私がその議論に終止符をうちます。
私がゲイ・バイ270名に調査した結果を発表しましょう。



調査結果

・タチ・・・79人(29%)

・ネコ・・・103人(37%)

・リバ・・・95人(34%)

 

調査方法

ゲイサークル、Twitter、Jack’d、9monsters、メンミクから、プロフィールでタチ、ネコ、リバを表明している人、277名を対象として調査しました。

対象者は年齢20代~50代までさまざま。
居住地も北は北海道、南は沖縄までバラバラです。

対象者は筆者のフォロアーのみだと偏りが出る恐れがあるため、40代の方、ウケの方、東京の方などのフォロアーも調査し、なるべく偏りが出ないように配慮しました。

 

調査結果の分析

リアルで顔を合わせているサークル内で調べた結果、ネコが圧倒的に多かったです。

Twitter内ではタチ・ネコ・リバ、ほぼ3割ずつでした。(タチが少しだけ多かったですが)
Twitterは友だちづくりや交流という要素が強いため、ポジションを表明している人が少なかったです。
アプリの性質上、「バリネコです!」とは表明しにくいのかもしれない、ということも考慮に入れる必要があります。

ゲイアプリやメンミクではリバが圧倒的に多いという結果が出ました。
ネコはそこそこ、タチは少数でした。
これは『ヤリ目的』の人も多いため、さまざまな需要に対応できるよう、『リバ』を自称している人が多いのではないかと考えられます。

しかし、それらを総合してみると、地道に票を伸ばした『ネコ』が一番多いという結果になりました。

 

結論

ゲイはネコが一番多い。

 

参考

サークル、Twitterでの調査結果はこちら↓

タチ、ネコ、リバの割合はどれくらいか?


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。