タチ、ネコの語源を知っていますか?


b72306f7

『タチ』『ネコ』というゲイ用語。
その意味についてはゲイのみなさんはご存知だと思います。

タチ・・・挿入する人
ネコ・・・挿入される人

では、この言葉の語源は知ってますか?

 

タチの語源

『タチ』の語源については2つの説があります。

歌舞伎の世界で男役のことを『立ち役』と言います。
それが語源だという説がひとつ。
(宝塚歌劇団でも男役のことを『立ち役』と言うので、歌舞伎ではなく宝塚だという説もあり)

もうひとつは、男性器の隠喩として『太刀(たち)』という言葉が語源だという説。

現在は、歌舞伎の立ち役が語源だという説が有力なようです。

 

ネコの語源

『ネコ』の語源は諸説あります。

まず、一番有力なのが、工事現場で使う一輪車のことを『ネコ』といい、それが語源だという説。
作業員が一輪車を押している様子が、ゲイが相手の足を持ってアナルセックスをしている様に似ていることに由来するという説です。

もうひとつは、女性器の隠語である『プッシーキャット』から来ているという説。

また、『寝る子』から来ているという説もあるようです。

 

ウケ・セメ

最近ではネコ・タチという言葉を使わずに、ウケ・セメという言葉を使うゲイが多いようです。

しかし、ウケ・セメとネコ・タチというのは、本来は異なるものです。

・ネコ・・・アナルセックスにおいて挿入される人

・タチ・・・アナルセックスにおいて挿入する人

・リバ・・・アナルセックスにおいてどっちもいける人

 

・ウケ・・・セックスにおいてリードされたい人、受け身な人

・セメ・・・セックスにおいてリードしたい人、攻める人

 

つまり、ネコ・タチはアナルセックスにおける役割のこと、ウケ・セメというのはセックス全般における役割のことを表しています。
タチなのに受け身の人、『タチウケ』とかも存在するということです。


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。