ゲイサークルに年齢制限は必要か?


medium_5546166751

via photopin cc

静岡ゲイサークルBeeeeRerというゲイサークルをつくって約4年が経ちました。
ゲイサークルをつくる時に悩んだのが「年齢制限を設けるかどうか?」という点でした。

今日はゲイサークルの『年齢制限』について書いていきます。



ゲイサークルの現状

うちのサークルでは『入会時の年齢が20歳以上、35歳以下』という年齢制限を設けています。
ただし、現在のメンバーの年齢が上がるに従って対象年齢も少しずつ上げていくつもりではいます。

浜松のゲイサークル『グレーシー』さんでは、『30代まで』という年齢制限を設けているそうです。(現在、年齢制限をなくそうかとも検討中だそうです)

その他のゲイサークルも『20代~30代』とか『35歳まで』というように年齢制限をかけているところが多いようです。

 

なぜ年齢制限を設けるのか?

うちのサークルが年齢制限を設けた理由は3つ。

ひとつは『友達づくり』のサークルだから。
年の離れた友情というのもあり得るかもしれませんが、それは稀なケースでしょう。
同年代の方が友達は作りやすいと考えています。

ふたつめは『防衛』ため。
節操なく若い人を食おうとしたり、しつこく誘ってくる中年の方もたくさんいます。
もちろん若い人の中にもそういう人はいますが、年齢が高くなるほど変な人が多いと感じます。(あくまでも主観です)

三つめは『入会時の不安を減らす』ため。
若いゲイがサークルに入ろうかどうしようかと考える時、年齢層はかなり不安な点だと思います。
私だったら、40代~50代の方がたくさんいて、20代は自分含めて数人という状況はイヤです。
年齢制限を設けることによって、入会時の不安をかなり減らせると考えました。

 

年齢制限に対する批判

もっとも年齢制限があるということについて、年上の姐さん方から批判を受けることもあります。(とは言っても、オネエ特有の遠回しな批判ではありますが)

「年齢制限がなかったら行きたかったのに」
「年齢制限なんてあるんだ。じゃあオレは無理ってことだね」などなど。

また、対象年齢を超えているのになんとか参加させてほしいと言ってくる方もいます。

「参加はしないから見に行くだけ行かせて」
「ボランティアで参加させて」などなど。

36歳のイケメンさんから「無理ですよねー・・・」と言われたこともあります。

私はこれらすべて、きっぱりお断りしています。
36歳のイケメンさんの申し出も涙を飲んでお断り申し上げました。

 

重要なのはサークルの方向性とメンバーの希望

重要なのは『サークルの方向性』と『メンバーの希望』です。

サークルが友だちづくりのサークルで、メンバーの多くが同年代との交流を求めているのだったら、それに合った年齢制限を設けていくべきです。

ゲイサークルは私的団体です。
慈善団体ではありません。(そういう団体もあるかもしれませんが)

もし、幅広い年代との交流を求めたいなら、そういうサークルに入れば良いのです。
もしくはそういう人たちで集まって、そういうサークルをつくれば良いのです。

もし、50代の人がサークルに入って20代との出会いたいなら、そういうサークルに入るか、自分でサークルをつくれば良いのです。

以上のような理由から、私は年齢制限はあっても良いと考えています。


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。