人生で最も大切なのは『自分を愛してくれる人』


medium_6874324473

via photopin cc

あなたは『愛』を感じたことがありますか?

私はあります。

ここで言う愛とは、性の対象としての愛ではありません。
親子愛や兄弟愛、友情、好意といった類いの愛でもありません。
(それらも大切な愛のひとつではありますが)

恋人との愛のことです。



自分を愛してくれる人と出会えるなんてラッキーなこと

実は自分を人として愛してくれる相手と出会えるなんて、本当にラッキーなのことなのです。

自分を人として愛してくれる人と出会えないまま死んでいく。
そういう人もたくさんいます。

ただ『性欲のはけ口』としてしか見られていないのに、それを『愛』と勘違いしている人もたくさんいます。

もしあなたが本当に自分を愛してくれる人と出会えたらならば、その人のことを大切にすべきです。

 

ゲイにとってはさらに貴重

ゲイの場合は尚更です。

ゲイは人口の5%しかいません。
さらにタチ・ウケ・リバやらの性向もあります。
ゲイが自分を愛してくれる人に出会える確率はノンケよりもはるかに低いのです。

また、女性は本能的に特定のパートナーとの愛情を深めたがる傾向が強いのに対し、男性は本能的にたくさんの人とセックスをしたがる傾向にあります。

そういう傾向にあるにも関わらず、相手があなたをパートナーとして選んでくれたとしたら・・・?
それはとても貴重なことなのです。

いまあなたの隣にいる恋人はあなたのことを愛してくれていますか?
もし愛してくれているとしたら、あなたもその愛に全力で答えましょう。

もしかしたら、一生に一度しかない大切な出会いかもしれないのですから!


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。