ゲイが同棲する際に決めておくべき5つのルール


medium_47485372

via photopin cc

「いつかは愛する人と同棲したい!」

ゲイの皆さんの中には、そんな風に考えている方も多いと思います。
そこで今日はゲイが同棲する際に決めておきたい5つのルールを紹介します。



1 お金のルール

同棲する上でもっとも大切なのはお金に関するルールです。

まず第一に決めるべきは月々の固定費、つまり家賃、光熱費をどうするかということです。
収入や勤務時間にも差がありますから、一律半額にするではなく、お互い無理のないように負担する割合を決めていくことが大事です。

次に日々の食費をどうするかということ。
買い物などは交代制で行うことが多くなるでしょうから、共同会計(共有の口座など)をつくっておいて、そこから出すという方法がオススメです。

意外と盲点なのはデートの際などにかかる交通費(ガソリン代)、外食費をどうするかということです。1回1回の費用は数千円でも、何年にもわたってどちらか一方が負担していくとなると、その額はかなり大きくなってしまいます。

また、引っ越しの際にかかる費用、家電製品にかかる費用など、今後、かかっていくであろう費用をどうするかということもあらかじめ決めておく必要があります。

ゲイは「自分のためにお金を使いたい」という人も多いので、異性愛カップルよりもお金のルールはシビアに決めておくべきでしょう。

 

2 家事のルール

家事の分担もはじめに決めておくべきことのひとつです。
家事には得意不得意がありますから、すべてを交代制にするのではなく、それぞれの適正をふまえて分担していくと良いでしょう。

ゲイは異性愛者の男性よりも家事が好きな人が多いです。
そのため、ルールを決めておかなくても自然とどちらかが掃除をしたり、料理をつくったりしていくケースもあるでしょう。

しかし、どちらかに負担が偏ると、小さな不平等感や不満感がつのっていきます。
それが積み重なるとやがて不和の原因にもなってしまいます。

 

3 陣地のルール

一人暮らしをしている相手のところに転がり込むような形で同棲する場合、いつまで経ってもお客様、居候のようになってしまう場合があります。
このような同棲は長くは続きません。

お金や家事を折半しているのであれば、自分の荷物を置くスペース、自分の引き出し、自分の居場所などを確保してもらうべきでしょう。

相手に干渉されない自分のスペースが必要です。

 

4 プライベートのルール

同棲している中でも、プライベートは必要です。
特にゲイはプライベートを大切にしたい人が多いようです。

いくら好き同士とは言え、ずっとふたりでいるとお互いに疲れてしまいます。
一人で遊びに行ったり、友達と遊んだり、友達とメールをしたりという時間も必要なのです。

ただし、友達と遊ぶ際には誰と遊ぶか相手に伝える、2人だけでの泊まりはダメなどの約束事を決めておくと良いでしょう。

一番注意したいのは相手の携帯やパソコンの履歴を見るという行為。
これは即破局へとつながりますから注意が必要です。

 

5 話し合い・仲直りのルール

長く一緒にいるとケンカすること、口論になることもあります。

それは必ずあるものと想定しておくべきです。
その上で重要なのは口論になった時のルールや仲直りのルールを決めておくことです。

例えば、口論になっても乱暴な言葉は使わない、相手の人格を傷つけるようなことは言わない、翌日にはケンカのことは忘れる、お互いに謝る、など。

これを決めておくことで、破滅的なケンカを回避することができます。


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。