『オネエ』という言葉は差別的?


最近、こんなニュースが話題になりました。

「おネエ系」の言葉が不快…性的少数者の演奏会中止

 

えっ…オネエって差別用語なの…。



オネエという言葉は差別用語なのか?

私は正直、オネエって言葉に何の抵抗もありません。
TVでオネエという言葉を聞いた時、むしろよく的を得た表現だなと思いました。

私たちゲイも自分たちのことを『ホモ』とか『オカマ』とか『オネエ』と自称することもあります。
仲間内で「このオカマ!」などと言うこともあります。

だから、TVで言われていても何の反感も抱きません。

 

要は文脈が大事じゃないの?

要は文脈が大事なんだと思います。

 

友達に「このオカマ野郎!」と言われたら「オカマに言われたくねーわ、このオカマ野郎!」と言い合うだけですが、
例えば上司から「このオカマ野郎!」と言われたら「は?ふざけんな」と思います。
赤の他人にいきなり「このオカマ野郎!」と言われたら「ちょっとおかしい人に会ってしまったな」と思う。

要はその言葉そのものが悪いのではなく、文脈が大事だと思うのです。

 

言葉狩り

なんでもかんでも「差別だー!!!!」と言って糾弾することを『言葉狩り』と言います。
今回、言葉狩りによっておもしろそうなイベントがひとつ潰されてしまったのは非常に残念。

これにめげずに是非イベントを実現してほしいです。


当サイトはチョコバナナ江村が執筆・運営しています。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。