危険なセックスはやめなさい!AVと現実は違う!


BIGGYM DATA MARKET

『種付け』だの『生堀り』だの『肉便器』だの、そんな刺激的な言葉を並べ立ててSNSでセックス相手を募集している人がいます。

そういう人を見かけるたびに悲しい気持ちになります。
そんなバカなこと止めろと言いたい。

AVと現実は違うんですよ、ホント。



AVと現実は違う

AVと現実は違います。

AVはあくまでもバーチャルな世界です。
それをそのまま現実の世界でやろうとするのはバカです。

例えば、ノンケの世界でも『ロリコン』ってあるじゃないですか?
日本人は結構、ロリコンな人多いですよね?

でも、実際に小中学生に手を出す人はほとんどいません。
手を出したら犯罪者です。
場合によっては特殊な性癖をもつ異常性愛者と認定されます。

ロリが好きであっても、普通は手を出さない。
バーチャルの世界と現実の世界の間には溝があるのです。

 

現実と妄想を区別できないゲイ

ゲイの世界の『生堀り』『種付け』『肉便器』もこれと同じレベルだと思うのです。

しかし、バーチャルと現実を区別できないゲイのなんと多いことでしょうか?

一時の快楽や刺激を求めて、危険なセックス、無謀なセックスをする。

そして、病気をもらってから、はじめて現実世界に連れ戻される。
現実世界に戻ってきてから後悔してももう遅いのに・・・。

昨日も「乱暴に犯してほしい。肉便器にしてください」とか書いている人から赤アプリでメッセが来たので、説教してやりました。
「もっと自分を大切にしなさい」と。

 

性欲の果てには何もない

快楽を追求しても、その先にはなんにもありません。

どんなに気持ち良い体験をしても、それは一時的なもの。
結局待っているのは賢者タイムだけです。

人間の脳がそういう仕組みになっているのだから仕方ありません。
強烈で持続的な快感を手に入れるためには、脳に電極を差し込んで直接刺激を与え続けるしかありません。

一時の快感と、その先の賢者タイムのために、人生を危険にさらす。
そんなのバカげています。


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。