愛の力は強し!?古代ギリシアにゲイだけの軍隊があった!


2759564_a2dfe953f1

via photopin cc

最強の軍隊をつくるにはどうしたらよいか?

古代ギリシアの知将や哲学者たちは日夜知恵をしぼっていました。
その結果、行き着いたひとつの答え。
それは・・・

『ゲイだけの軍隊をつくる』

ということでした。



ゲイだけの軍隊 『神聖隊』

ゲイだけの軍隊がつくられたのは古代ギリシアの都市国家のひとつテーバイ。
総勢300名のゲイ(150組のゲイカップル)で構成されたその軍の名は

 

神聖隊

 

すばらしいですね、ネーミングセンス。

 

なぜゲイだけ?

それにしてもテーバイはなぜこのような軍隊をつくったのでしょうか?
それは

「この世で一番強いのは愛の力」

という考えからです。
恋人同士が一緒に戦場に出れば、

・恋人に良いところを見せたい
・恋人に無様な姿を見せたくない
・恋人を守りたい

という気持ちから、兵士たちは通常以上の力を発揮するだろうと考えられたのです。
まさに愛の力(?)です。

 

神聖隊は最強だったか?

この神聖隊を率いていたのはテーバイの知将エパメイノンダス。
彼はゲイ軍団の愛の力をうまくつかい、当時、ギリシア最強と謳われたスパルタ軍を破ります。

しかし、スパルタ軍を破ったその戦いで、エパノイノンダス本人も戦死してしまいます。

彼自身、恋人とともに戦場におもむいていたのですが、恋人に良いところを見せたかったのか、将軍でありながら最前線に立っていたそうです。
そこで敵の刃にかかり、愛する恋人と共に戦死したとのこと。

 

彼の死後、神聖隊はマケドニア軍に敗れます。
戦さの跡には互いにかばい合うように倒れた兵士たちの死体があったそうです。


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。