「少子化が回復したら同性婚を認める」とほざくバカ


syoushika

少し前に国会議員が少子化を引き合いに出して同性婚に反対して波紋を呼びました。
いまだにそんなバカがいることも驚きですが、今回はさらにその上をいくバカ。

「少子化傾向が回復したら、同性婚を認めます」

と、上から目線でほざいたバカがいるという話が、ネット上で話題となりました。

https://note.mu/unnaturalwoman/n/nb5bc28e586e5

 



某大学生の主張

発言の主は大学生。

まぁ一般の大学生ですので、国会議員が発言したのとはまったく問題の質が違いますが、「こんなこと言っちゃうやつがいるんだ」ということで話題を呼びました。

ある大学生は大学での性倫理の講義の中で以下のように発言したというのです。

「自分は同性婚に反対です」

「理由は同性婚によって少子化が進むと思うからです」

「半年間この講義を受けてきた中で、同性愛者でも異性と結婚して子供をもっていることもあるという話を聞きました。
これは同性婚が法的に認められていないからこそだと思います。だから認めないままのほうがいいと思います」

https://note.mu/unnaturalwoman/n/nb5bc28e586e5

出た。

出たよ、また。

同性婚を認めると少子化が進むという短絡的な考え。

同性婚が認められたら、異性愛者が同性愛者に変わって、少子化が進むとでも言うのでしょうか?
お前は同性婚が認められたらゲイと結婚するのかよっていうね。

たしかに現在、同性愛者でありながら結婚して子どもをもうけている人もいます。
しかし、それは少数派の中のさらに少数派です。
少子化に大きな影響を与えるほどの人数ではありません。

同性婚を認めます!

今回の件で一番波紋を呼んでいる発言がこちら。

講師が半ばひとりごとのように
「少子化が、今よりもっと回復したら……」
とつぶやくと、彼はうなずいた。

「はい、(同性婚を)認めます」

 

「同性婚を認めます!」

って・・・。

「STAP細胞はあります!」じゃないんだから・・・。
(パロディだとしてもいささか古い)

彼にどのような権限があって、「同性婚を認めます」なんて上から物を言えるのかはわかりませんが、このような感覚をもった人がいるということに驚かされた一件でした。


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。