二度目の禁煙中!~禁煙失敗して気付いたこと&タバコ辞めて気付いたこと~


IMG_9319

2010年1月11日に禁煙をはじめてから、1358日間禁煙しました。

しかし、夏休みにあるきっかけでタバコを吸ってしまい、ここにきての禁煙失敗・・・。
そして、いままた禁煙チャレンジ中です。



禁煙失敗して気付いたこと

禁煙失敗して、しばらくタバコを吸ってしまって改めて気付いたこと。
それは・・・

タバコは体に深刻なダメージを与えている

ということ。
これを身をもって実感しました。

もうね、久しぶりにタバコを吸ったら、翌日、体がキツイのなんのって・・・。

肺は苦しい。喉は痛い。鼻水は出る。食欲はなくなる。気力はなくなる。

喫煙が日常化すると粘膜がやられたり、感覚が麻痺してだんだんと感じなくなるのですが、久しぶりに吸ってみたら本当にタバコって体にダメージを与えているんだな、と改めて実感しました。

 

タバコを辞めて気付いたこと

タバコを吸っている時は気付かなかったんですが、タバコを辞めてみてはじめて気付いたことがあります。
それは・・・

喫煙者は自分が思っている以上に嫌われている

ということ。

喫煙者は「まぁタバコ嫌いな人もいる。けど、寛容な人もいる」ぐらいに思っています。
しかし、これは間違い。

非喫煙者の多くはタバコが大嫌いです。
臭いし、不潔だし、近づいてほしくない。
けど、多くの人はそれを言わないだけ。

喫煙者は自覚した方がいいです。
思っている以上に嫌われてます。

タバコがかっこいいとか渋いとか思われていた時代は1990年代で終わっているのです。

 

結論:さっさとタバコは辞めるべき

周りを見渡してください。

賢い人たちはとっくにタバコを辞めています。

沈みかけた船からネズミはいなくなります。
逃げ遅れて船と一緒に海底に沈む愚かな船員にならないようにね・・・!

 


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。