ゲイ目線で見た『ウザい上司』~こんな上司は嫌だ!!~


zyousji

会社で働いていると、「うわっ・・・この上司、ウザッ・・・」と思うことがあります。
今回はゲイ目線で見た「こんな上司は嫌だ!」という上司を挙げていきます。



結婚結婚うるさい上司

ゲイ的に一番キツイのはやはり結婚の話題ですね。
いまどき、女性に対して「まだ結婚しないの??」などと言えばセクハラ問題になりますが、男性に対しては平気で言ってくる人がいます。

しかも、『上司』という立場を利用して、上から聞いて来られるのは本当に嫌ですね。

私は実際、「まだ結婚しないのか?結婚しないと社会的に信用されないぞ。性的不能者だと思われるぞ」
などと超絶差別的セクハラ発言をされたこともあります。

 

飲み会を強要する上司

ある調査によると、社会人の半分近くの人が「会社の飲み会は嫌い」と答えているそうです。
約半分の人は「好き」と答えているそうですが、その多くは50代以上の人だそうです。

ゲイは会社の人間関係やしがらみよりもプライベートを大切にする人が多いです。
「なんで飲み会来ないの?」「オレの若い頃は飲み会に来るのは当り前だった」などと言われたらメチャメチャ腹が立ちますね。

思わず「あーたと飲んでる暇はなくってよっ!」とホゲたくなってしまうことでしょう。

 

何かにつけて「男なんだから」という上司

「男が大変な仕事をやって当り前」
「男なんだからこれくらい気合いで乗り切れ!」
などと、男性性を強要してくる上司、いますよね。
「欲しがりません勝つまでは」と同じような思考回路ですね、ホント。

ノンケはこんな台詞軽くスルーできるのでしょうが、ゲイからしてみるといちいちイラッとしてしまいます。

 

『意識高いこと』を強要してくる上司

お節介なことに、読みたくもない本を「これ読んでみて。絶対人生観変わるから!」などと貸し付け、読むことを強要してくるような人もいるようです。

こういうアツイ人は仕事の面では頼りになるのかもしれませんが、「仕事は仕事!」と割り切ってスマートに働きたいゲイからしてみたら迷惑以外の何者でもありません。
熱血指導も使いどころや使う相手を間違えたらウザがられるだけです。

 

<参考> http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20150111-00040055-r25


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。