乳首には常在菌としてビフィズス菌が存在している


なんと乳首には常在菌としてビフィズス菌などの乳酸菌が存在しているらしい。
乳首に菌が存在するとは・・・。

ってことは、ヨーグルトを食べなくとも、乳首を舐めればビフィズス菌を摂取できるということでしょうか・・・?



常在菌

実は人間の体は菌だらけです。

皮膚や体内に人体と共存する『常在菌』という菌が無数に存在するのです。

有名なところではヨーグルトに含まれている乳酸菌の一種であるビフィズス菌。
オリゴ糖を栄養源にして繁殖し、腸内環境を整える菌です。

 

無菌状態

人間の腸内には100兆個以上の常在菌がいます。(人間の糞便の半分は常在菌の死骸なのだとか)

しかし、胎児の体内は無菌状態なのだそうです。
新生児は母親の産道、会陰、外気などから菌を体内に取り込み、体内で増殖させて常在菌を保有するようになります。

有名なビフィズス菌も、最初から胎児の腸内に存在するわけではありません。
なんと、新生児が母親の乳首から摂取しているのだそうです。

 

乳首のビフィズス菌

新生児が母親の乳首から摂取したビフィズス菌は、母乳に含まれるオリゴ糖を栄養源として腸内で繁殖します。
人間はオリゴ糖を消化吸収できないので、オリゴ糖が母乳に含まれているのは明らかにビフィズス菌のためです。

繁殖したビフィズス菌は新生児が離乳食を食べる時に備えて、腸内環境を整えていくのだそうです。

すごいですね。人体の神秘です。

 

乳首を舐めたらビフィズス菌を摂取できるのか?

さてさて、冒頭部で

「なんと乳首を舐めたらビフィズス菌を摂取できるのか!」

と、早ガッテンしてしまった皆様に残念なお知らせです。

ビフィズス菌は母乳に含まれるオリゴ糖を栄養源にしています。
なので、男の乳首にはビフィズス菌はいません。

また、女性の乳首にもヨーグルト並みの大量のビフィズス菌が存在するわけではありません。
赤ちゃんも乳首から大量のビフィズス菌を摂取しているわけではなく、体内で増殖させる元手となる少量のビフィズス菌を摂取しているだけなので。

つまり、いくら乳首をペロペロしても、「乳首舐め健康法で今日も腸内環境バッチリ!」というわけにはいかないのです。

 


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。