カミングアウトは自尊心が高め心理的にプラスの影響を与える


comeout

カミングアウトすることは自分にとってプラスになるのか?
それともただの自己満足か?
いじめにあって、かえって悪影響が出たりしないのか?

こういった疑問について、アメリカで心理学的研究が進められています。



カミングアウトは心理的にプラス

もともと性的少数者(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、LGBT)のカミングアウトは、大人であれば心理的に肯定的な影響があると分かっていた。

http://www.mededge.jp/b/huap/9088

最近の研究によると、

LGBTのカミングアウトは自尊心を高め、心理的にプラスの影響を与える

ということがわかっています。

 

思春期のカミングアウトは?

しかし、大人の場合はそうでも子どもの場合はどうなのか?
これについては議論が分かれていました。

なぜなら、子どもは時に大人よりも差別的で、性的マイノリティについての理解もないからです。
学校でカミングアウトなどしようものなら、いじめの対象になり、心身共に傷つけられる怖れもあるでしょう。

この問題について、アリゾナ大学の研究者らが中心となって調査をすすめた結果、以下のような結論が出されました。

その結果、高校でカミングアウトすることは「いじめ」に遭うリスクがあるものの、カミングアウトしなかった人と比べて自尊心が高く保たれ、抑うつの程度が低くなるメリットがあると分かった。
長期的にはよい結果をもたらすという結果だ。

http://www.mededge.jp/b/huap/9088

「いじめ」にあうリスクは確かにある。
しかし、カミングアウトすることによって、自尊心が高まり、心理的に良い影響がある。
いじめにあうことを差し引いて考えても、カミングアウトした方が心理的にメリットが多い、というのです。

 

日本では?

これらの結果がアメリカ社会特有の結果なのか?
日本ではまた違った結果が出るのか?ということは私にはわかりません。

しかし、日本は同性愛者が存在を主張したり、権利を主張したりすることが少ないので、このような結果にはならないような気がします・・・。(あくまでもそんな気がするというレベルですが)


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。