キリスト教徒じゃないからクリスマスは関係ないというけど・・・


IMG_4783

「僕はキリスト教徒じゃないからクリスマスなんて関係ない」

・・・なんて言っている人がいますが、いや、そもそも日本人の宗教観はそんな偏狭なものじゃないですからね。



日本人はもともとごちゃ混ぜ信仰

「お前らキリスト教徒じゃないだろwwww」とか
「オレ、キリスト教徒じゃねーしwwww」

と言っている人がいますが、じゃああんたは一体、何教徒なんだっていう話ですよ。

もともと日本人はごちゃ混ぜ信仰です。

日本人は宗教=葬式だと思っていますから、自分は仏教徒だと思っている人が多いですが、一概に仏教徒だと言い切ることはできません。
正月には初詣、節分、バレンタイン、ひな祭り、七夕、お盆、お彼岸、秋祭り、クリスマス、大晦日・・・。
仏教、神道、道教、キリスト教、いろいろな宗教の信仰を生活の中に取り入れています。
多くの日本人は仏教徒であり、神道も宗教だと意識できないほど密接に生活にかかわっています。

 

多神教は寛容

そもそも日本人は大昔からいろいろな神様を信じていました。

山の神様、海の神様、野球の神様、トイレの神様・・・いろんなところに神を見い出し、信仰してきた。
その神様を特別にお祭した社(やしろ)を『神社』といい、いろんな神様を信じる信仰を『神道』といいます。

そこに大陸から仏教が伝わってきて、日本人は神様のひとりとして、仏様を受け入れます。

仏教も神道も神様がたくさん存在する宗教です。
こういうのを『多神教』といいます。

多神教はいろいろな宗教の神様や信仰を取り入れながら発展していきます。
日本人はもともと多神教なので、キリスト教の文化を受け入れていったのも自然なことなのです。

 

キリスト教側から見たら・・・

一方、キリスト教やイスラム教は
「神は唯一絶対の存在。我らが神の他に神は存在しない」という考えです。
これを『一神教』といいます。

「他の神を信仰してはいけない。他の神を信仰している宗教は邪教だ」と考える人もいます。
ですから、日本人が仏教徒でありながら、お祭的・商業的にクリスマスを祝うのを快く思わない人も中にはいるかもしれません。
(ローマ法王もクリスマスが商業的になってきていることを危惧する発言をしています)

ですが、多くの教会では「信者でない方もどうぞお入りください」という看板を掲げ、クリスマス礼拝に一般の方も受け入れています。キリストの教えを広めることもキリスト教会の大事な役割のひとつなのです。

そういう観点からすると、お祭的・商業的だとしても、多くの人がキリスト教の教えを知ってくれるきっかけになるなら・・・という感じなのかもしれません。


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。