ゲイの出会い事情 ~月にどれくらいリアルしますか?~


(c) .foto project

皆さんは月にどれくらい出会いますか?
どれくらいリアルしますか?

最近、友だちと話している中で『出会い』についての認識が人によって大きく違うことがわかりました。



せいぜい月に1人ぐらい

私は一番頻繁に出会っていた時期で、せいぜい月に1人か2人くらい。
半年ぐらいまったく出会わない時期もありました。

これは「出会いたいけどうまくいかなくて、結局、月に1人しか出会えなかった」ということではありません。
そもそもアプリや掲示板等を使って出会おうとする行為自体を、月に1回か2回ぐらいしかしていなかった、ということです。

 

月に10人!?週に5人!?

しかし、友だち何人かに話を聞いてみると、

  • 先月は1ヶ月で10人ぐらいリアルした(アプリ等を通じて)
  • 10人出会ったら8割の人とやる
  • 最高で週に5人ぐらい
  • 週に4人、別の人とセックスした

などとおっしゃるではありませんか。

 

もう・・・ビックリです。

数が多いことを誇るか、恥じるかは、その人の価値観次第でしょうが、まぁ、ともかく周りのゲイたちがこんなに出会ってるなんて、ホントに驚きでした。

 

出会う人、出会わない人の違い

もちろん、中には
「オレもそんなに出会わないよ」
と言っていた人もいました。

頻繁にアプリで出会う人と、そうでない人。
その違いは一体どこから生まれるのでしょうか?

 

【仮説1】年代による違い

彼は私と同世代の三十代。

私たちが若い頃は、インターネットが出始めた頃で、インターネットを通して知らない人と出会うというのはすごくコワイことでした。
もしかしたら、そんな影響もあり、三十代以上の人はアプリ等でリアルするのに抵抗のある人も多いのかもしれません。

 

【仮説2】リアルなつながりがあるかどうかによる違い

私も彼もバーに飲みに行ったり、ゲイの友だちと遊んで、友だち経由で新しい友だちができたり、というリアルなつながりを大切にしています。
もしかしたら、そういうつながりがあるから、アプリでガツガツ出会いを求める必要がない、ということなのかもしれません。
(・・・といっても、彼氏がいない時期がすごく長かったりもするんですが・・・)

 

うーん・・・。
仮説を立ててみましたが、実際のところはこの違いがどこから生まれるのか、私にもよくわかりません。
皆様のご意見お待ちしております。


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。