ゲイが今すぐタバコを辞めるべき167の理由


01b6058b9529ce56470f0b934510cd795a2d9714a8

↑ こんな画像をアップして、『ゲイの皆さん、タバコは今すぐ辞めなさい』・・・なんて記事を書いてから半年。

またもや喫煙地獄に滑り落ちてしまった私でしたが、最近ようやくまた禁煙再開できました。
現在、禁煙25日目です。
もう吸いません。

今日はそんな私が「今すぐタバコを辞めるべき理由」を皆さんにお教えします。
ホントは167個ぐらいあるのですが、ものすごい勢いで取捨選択し、最終的に3つにしぼって紹介します。



1.タバコはハゲる

ある調査によると、喫煙者は非喫煙者に比べて『ジヒドロテストステロン』(DHT)というホルモン値が13%ほど高かったそうです。
『ジヒドロテストステロン』とは別名『脱毛ホルモン』ともいわれており、AGA(男性型脱毛症=ハゲ)の原因となるホルモンです。

つまり簡単にいうと、統計的に喫煙者はハゲやすいってことです。
(あくまでも統計的数値ですから、それから外れる人もいますが)

喫煙=ハゲ薬を飲んでいるようなもんです。

 

2.低所得者ほどタバコを吸う

厚生労働省が2010年に実施した調査によると、所得が低い人ほど喫煙率が高いという結果が出ています。

貧困だからタバコを吸うのか、タバコを吸うから貧困なのかはわかりませんが、
「貧困によるストレスで喫煙量が増加し、それによって貧困に拍車がかかっている」と分析している学者もいます。

 

3.喫煙者はデブが多い

これまた厚生労働省の調査によると、非喫煙者に比べて喫煙者は肥満が多い、というデータがあります。
しかも、喫煙本数が多いほど肥満の割合も高くなるそうです。

つまり、「タバコを吸うと痩せる」なんていうのは真っ赤なウソ。

デブになりたかったら、たくさんタバコを吸えということです。

 

まとめ

こうなりたくない人は次の1本に火をつけなければ良いのです。

さぁ、あなたも今すぐ喫煙地獄から抜け出しましょう!

 


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。