HIVの検査に行ってきた


IMG_1074

HIVの検査に行ってきました。

私はハッテン場にもいかないし、誰彼構わずやったりもしません。
(あたくし、そんな安い女じゃありませんので)

それでもゲイの世界に生きる者として、やはり定期的に検査していくべきだと考えています。



結果は・・・

結果はもちろん陰性でした。

よかった・・・。
別に危険なセックスをしているわけではありませんが、結果を待っている時はちょっとドキドキしました。

これで中田氏し放題・・・あ、いや、なんでもありません。

 

検査をしていない人もいる

驚くことに、何年もゲイの世界に身を置きながら、また、かなり遊んでいながら今まで検査を受けたことがない、という人も時々います。

「なんだ、そういう人もいるんだ。じゃあオレもいいや・・・」

じゃ、ありません。
あなたが最近セックスした相手も、もしかしたら遊びまくっているのに一度も検査を受けたことがない人かもしれないんですよ!

実際、自分がHIVに感染しているとは知らず、発症してはじめて気付く人もいるぐらいです。

 

あなたのパートナーはひとりでも・・・

例え、あなたが特定の人としかセックスしていないとしても、HIVに感染する可能性はあります。

あなたはAさんとしかセックスしていない。
Aさんは元カレと別れたばかりで、あなたとしかセックスしないと言っている。
でも、その元カレはAさんに内緒で毎週ハッテン場通いをしていた。

・・・なんてこともあるからです。

少し前にネットでこんな画像が流行りましたね。(「ホモが5人いるだがwwwww」などと話題になりましたが)

a2de29a2

 

あなたと、パートナーを守るためにも

あなたが好き放題やりまくって、梅毒やら淋病やらHIVにかかるのはあなたの勝手です。
「別に早死にしてもいいし。いまが楽しければ・・・」なんて思っている人もいるでしょう。

でも、あなたの大切な人にまでそれを感染させてしまう怖れもあるのです。
いまは大切な人がいなくても、将来、大切な人ができた時に感染させてしまうかもしれないのです。

そういう事態になるのを防ぐためにも、好き放題やりまくったり、危険なセックスをしたりしないこと。
また、定期的に検査をすることをおすすめします。
(例え、感染していたとしても、検査でそれが判明して、きちんと病院に通っていれば、リスク管理をすることができます)

楽しいゲイライフを送るためにも、勇気を出して検査を受けましょう!


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。