クリスマスまでに彼氏がほしい!ゲイが彼氏をつくる5つの方法


medium_705552212

クリスマスまであと3ヶ月。

「今年のクリスマスこそは彼氏とすごしたい!」
「クリスマスまでには彼氏がほしい!」

・・・という人も多いのではないでしょうか?

今回はゲイがクリスマスまでに彼氏をつくる5つの方法を紹介します。



1.ゲイアプリで彼氏をつくる

最近ではゲイの出会いといえば、ゲイアプリです。
代表的なゲイアプリは

・jack’d(通称:赤アプリ)

・9monsters(通称:9mon) のふたつです。

いずれもGPS機能を使って近くの人を表示してくれるアプリなので、比較的近くの人と出会いやすいというのが特徴です。
しかし、ヤリ目で使っている人も多いので、出会う前にメッセージでたくさんやりとりをしておきましょう。

たまに、ものすごい詐欺写真を載せている人もいますが、あまりリアルとのギャップがありすぎると相手を落胆させることになり、良い出会いにはなりにくいので注意しましょう。

jack’d

 

9monsters

 

2.ゲイサークル、ゲイ団体に参加して彼氏をつくる

私は静岡ゲイサークルBeeeeRerというゲイサークルを主催しています。

BeeeeRerはみんなで遊んだり、飲み会をやったりするサークルですが、静岡には他にもバレーサークルやバドミントンサークル、スイーツサークル、音楽サークルなどもあります。
大都市に行くと数多くのサークルや団体があります。

こういう場での出会いは、恋愛を前提した出会いではありません。

しかし、人が数人集まれば、どうしても好き嫌いも生まれてきます。
恋愛に発展することだって当然もあります。

相手の外見はもちろん、性格や趣味などをよく知った上で好意をもつわけです。
ですから、恋愛やセックスを前提とした出会いとは違い、自然な形で恋愛に発展していくことが多いです。

相手のことをよく知り、ゆっくり恋愛をしていきたいタイプはこのような場での出会いがおすすめです。

 

3.Twitterで彼氏をつくる

最先端のゲイはTwitterすらも出会いのツールとして駆使しています。

Twitterの場合、相手のツイートやフォローなどから、相手の趣味や人柄を知ることもできます。
そういう意味では出会い系アプリよりも『健全な』出会いが期待できます。

知り合いのフォロアーをたどってフォローしていくと、比較的近くの人とも知り合うことができます。

 

4.ゲイバーで彼氏をつくる

ゲイバーは昔からあるゲイの交流の場です。

自分に合うお店、好みのタイプが多いお店を見つけられると、とても楽しい時間をすごすことができます。
また、そこでの出会いが恋愛に発展することもあります。

『ゲイバー』というと、行ったことがない人は

「いやらしいことされたらどうしよう・・・?」
「いきなりホテルとか誘われるんじゃ・・・?」

などと思うでしょう。

しかし、そういうことはまずありませんので、ご安心ください。

期待しすぎると逆によくありません。

 

5.発展場(ハッテン場)で彼氏をつくる

ハッテン場は基本的にその場限りの肉体関係を求めるところです。

なので、ハッテン場で彼氏ができる確率は極めて低いと言えます。
連絡先を交換することも滅多にないのではないでしょうか?

 

以上、ゲイが彼氏をつくる方法でした!


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。