Kindleで本を読んで日本の上位10%になろう


medium_7131097625

約半数の日本人は1ヶ月に1冊も本を読みません。
1ヶ月に3冊以上本を読む人は10%しかいません。(文化庁が平成21年度調査)

逆に言うと、1ヶ月に3冊以上本を読むだけで、日本の上位10%のインテリ層であるとも言えます。

「でも読書する時間がない」という方にはKindleなどの電子書籍がおすすめ。



読書=自分の刃を磨く作業

ゲイは結婚もできないし、子どもも産めません。
家庭はある種のセーフティネットですから、ノンケの場合、なにかあっても嫁や子ども、孫が助けてくれます。

しかし、ゲイにはそのようなセーフティネットがありません。
だから、ノンケよりも意識的に『自分』を磨き、一人でも世の中を渡り歩いていけるだけのスキルや知恵を身につけていかなくてはいけません。

仕事や勉強、セミナーなどもそのひとつですが、読書はもっとも気軽に自分を磨けるツールのひとつです。

読書をすることで知識を広げ、スキルを向上させ、自分の世界や考え方を広げることができるのです。
また、時には安らぎや楽しみも与えてくれます。

 

Kindleでスキマ時間を活用して読書しよう

日本人の9割は月に0~2冊しか読書をしない時代です。
Kindleを活用して、コツコツ読書し、月に3冊も本を読めば、それだけで日本の上位10%のインテリ層になれるのです。

「でも時間がない」という方はKindleなどの電子書籍を活用すると良いでしょう。
Kindleなら移動時間や休憩時間などちょっとしたスキマ時間に読書することができます。

わざわざ本を持ち歩いて、カバンから出して、途中で本を閉じる時はしおりを挟んで・・・。
Kindleならそんな手間はすべて省略できます。

携帯ゲームをやるのと同じぐらいの手軽さで本が読めます。

 

Kindle書籍はiphoneでもブラウザでも読める

Kindleは専用の端末がなくても、iphoneアプリでもブラウザでも読めます。

ブラウザで本が読める「Kindle Cloud Reader」が利用可能に

スマホで読める!簡単便利なKindle電子書籍のススメ

最初はアプリなどではじめてみて、本格的に電子書籍生活をしたいと思ったら端末を買うのが良いでしょう。

 

Kindle Voyage 発売!

Kindleの端末については、2014年11月4日に新しいKindle『』が発売される予定です。

歴代最薄、最軽量、バッテリーも最長のKindleです。
もちろん、読みやすさも向上しているそうです。

こちら↓は普通のKindle。

こちらの方がだいぶ安いですが、こちらでも充分実用に足ります。


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。