不安と貧困と肥満の意外な相関関係


medium_6938248587

via photopin cc

実は肥満と不安には相関関係があります。

人は不安な状況に陥ると高カロリーなものを食べたくなるというのです。



不安になると高カロリー食品を食べたくなる

生き物はもともと生き残るための戦略として、

「できるだけカロリーの高いものを、できるだけたくさん食べておけ!」

という本能をもっています。
高脂肪、高カロリーのジャンクフードが人を惹きつけるのはこのためです。

不安な状況におちいると、この本能は強くなります。
ある研究によると、危機を感じた人は高カロリーの食品が食べたくなるそうです。

高カロリー食品に不安や不機嫌を和らげる効果があることは、昔から知られている。
サイコロジカル・サイエンス誌に最近発表された研究によると、経済的な不安を静めてくれる可能性もありそうだ。
私たちは困難な時が来ると感じたら、高カロリー食品でエネルギーを蓄えようとするという。
http://www.newsweekjapan.jp/stories/us/2013/04/post-2909.php

 

貧困層ほど肥満が多い

貧しい人はそうでない人に比べてより将来に対して不安を抱え、深刻な危機感を持っています。
それが肥満につながっている可能性もあるそうです。

昔は 『痩せている=貧乏 』というイメージでしたが、いまでは全く逆。

お金がないと、食事のバランスを考えている余裕がなくなり、カップラーメンやジャンクフードなど、できるだけ安くてお腹にたまるもの(=高カロリーなもの)をとろうとする傾向があります。
それも肥満の一因となっているようです。

<参考>
肥満格差:貧困な人ほど栄養が偏り肥満である – 格差脱出研究所
貧困と肥満の関係 – 日本統計協会

 

痩せるためにお金がかかる時代

スリムで健康的な体を維持するためには以下の3つが必要です。

・バランスのとれた食事

・運動する機会と時間的余裕

・精神的な安定

現代ではこれを得るためには、ある程度のお金が必要です。
現代は痩せるためにはお金がかかる時代なのです。

 


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。