「デカマラしゃぶりたい淫乱ネコいねえか?」問題について真剣に考えていたら、触れてはいけない闇に触れてしまった


neko

neko2

「オレのデカマラしゃぶりたい淫乱ネコいねえか?」
「ギンギンのデカマラでトロマンにひっかき回して種付けしてやりてえ」

よくTwitterでこんな風につぶやいている人がいます。
今回はこの問題に真っ向から斬りかかってみたいと思います。(えっ!?)



いません!

「いねえか?」

って言われても絶対いないと思うんですよね、これ。

そもそもこういう誘われ方が好きな人って、相手をTwitterなんかで探さないと思うんです。
ホントにやりたい淫乱ネコは発展場行くか、掲示板とか、アプリで相手を探すでしょう。

・・・なんて、まじめに考えてみたわけです。

ところが・・・

 

調べてみた

ところが、こういうTweetちょいちょい見かけるじゃないですか?

一体、どういう人が、どういう経緯でこういうつぶやきをしてるの?

・・・ということで、Twitterで検索してみたんですね。
『淫乱ネコ』『いねえか』っていうキーワードでw

その結果、私は触れてはいけない闇に触れてしまったのです。

 

衝撃的な事実!!

調査の結果、わかった衝撃な事実。

「オレのデカマラしゃぶりたい淫乱ネコいねえか?」系のTweetをしている人の多くは・・・

 

同じ人

 

です。

同じ人物が複数アカウントを使って、こういうつぶやきをしているようなのです。
そう判明した理由は以下の通り。

・複数のアカウントで、つぶやきの内容がかぶっている。

・複数のアカウントが、同じアフィリエイト(ポイントサイト)の宣伝をしている。

・複数のアカウントで、文体、言い回しなどが極めて類似している。

 

つまり、同じ人物が複数アカウントを駆使して別人を装いながら、ネコをハントしつつ、あわよくばアフィリエイトでお小遣いかせぎをしようとしている、ということです。(別にアフィリエイト自体は悪いことではありませんし、恐らくネコハントもうまくはいっていないと思いますが)

なんという衝撃の事実・・・。

私は触れてはいけないゲイ業界の闇に触れてしまったようです。
ブログの更新が止まったら、私の身になにかあったのだと思ってください。

 


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。