将来に不安を抱えている人は肥満になりやすい


ストレスを感じるとつい食べ過ぎてしまうMです。

将来に不安を抱えている人は肥満になりやすいそうです。
理由は脳から「危機に備えて、エネルギーを蓄えておけ」という指令が出るからだとか。

どうやらストレスで食べ過ぎてしまうのは私だけの話ではないようです。



ここ数十年ほどで人類は急激に飽食の時代に突入しました。
しかし、遺伝子情報や本能というのは数十年、数百年では変わりません。

いまだに人間の脳や体は「飢饉に備える」ようにできているのです。

不安を抱えている人、ストレスを抱えている人の脳は、「将来の危機に備えよ!」と指令を出します。
そして、人間はその指令に従って過食に走る、というわけです。

 

所得と肥満度の関係については、所得の低い層ほど肥満度が高いというデータがあります。
(今や『痩せている=貧乏』という公式は全く成り立たないんですね)

また、ストレスを感じるとカロリーが高いものを食べたくなるというデータもあります。

ストレス・不安と過食、いろいろ調べてみるとおもしろいですよ。


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。