【ゲイが使える経済学】需要供給の法則


zyukyu

このシリーズ『ゲイが使える経済学』では、経済学や経営学、マーケティングなどから、ゲイが実践的に活用できる法則などを紹介していきます。

今回は上のグラフでおなじみの『需要供給の法則』についてです。



自撮りの晒しすぎに注意

Twitterなどで事あるごとに自撮り画像を晒しているゲイがいます。

たまに晒すぐらいなら

「へーこんなことしてるんだー」
「楽しそうだなー」
「この髪型似合ってるね!」

と、素直に受け止められます。

しかし、自撮り晒しの頻度が多いと次第に、

「はいはい、かわいい かわいい」
「はいはい、イケメンですね そうですね」

と思うようになってきます。
(でもカワイイ売りのわたくしにはそんなコワイことは口には出しませんが)

これはなぜなのでしょうか?

 

供給が過剰になると価値が下がる

この理由を経済学的に分析してみると、『過剰供給』にあると言えます。

つまり、需要に対して、供給が多すぎるのです。

ここでいう需要と供給とは、
・需要:あなたの自撮り画像を求めている人
・供給:あなたが自撮り画像を晒す回数
です。

需要供給の法則』によると、需要に対して、供給が過剰になると商品の価格は下がっていきます。

「あなたの自撮り画像を見たい!」と思っている人はそんなにいないのに、頻繁に自撮りを晒していると過剰供給の状態になり、あなたの自撮り画像の価値はドンドン下がっていってしまうのです。

 

イケメン、エロ、有名人ならOK

・イケメン
・エロ
・有名人

この3つについては需要が非常に多いです。
そのため、ある程度自撮り画像を晒しても、なかなか過剰供給の状態にはおちいりません。

もし、あなたがこの3つに当てはまっていないのなら、あまり頻繁に自撮り画像を晒すのはやめた方が良いでしょう。
逆に「たまに」晒す=供給量が少ないぐらいの方が価値が上がりますよ!


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。