【ゲイが使える心理学】イエスセット話法


medium_5820222702

via photopin cc

このシリーズではゲイが即実践で使える便利な心理テクニックを紹介していきます。

ゲイが使える心理学 シリーズ

今回は『イエス・セット話法』です。



イエス・セット話法とは?

人は「イエス」でしか答えられないような質問をいくつか投げかけられ、繰り返し「イエス」と言っていると、少しハードルの高い要求をされて断りにくくなってしまいます。
これを『イエス・セット話法』と言います。

例えば、

上司「少しでも会社に貢献したいだろ?」

部下「はい」

上司「たくさん仕事をこなして、はやく一人前になりたいって言ってたよな?」

部下「はい」

上司「このプロジェクト、引き受けてくれるな?」

部下「・・・はい」

・・・という風に。

 

一貫性の原理

これは『一貫性の原理』という心理作用が働くためです。
人は一度「イエス」と言ったら、次も「イエス」と言いたくなるし、一度、断ると次も断りたくなるものなのです。

これを『一貫性の原理』といいます。

 

実際に使ってみよう!

A「なんかお腹空いたね~」

B「うん」

A「そろそろどっかレストランでも入ろうか?」

B「うん」

A「でも今日は疲れたしご飯食べるとすぐ眠くなっちゃいそうだね」

B「うん」

A「じゃあなんかテキトーに買ってうちでゆっくり食べようか?」

B「う、うん」

A「もちろん食事の後は・・・?」

B「もうそういうのいいから早く入れて!!!!」

 

※このテクニックを使用する際は自己責任でお願いします。

 


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。