Twitterが苦手なゲイに教えたい!ゲイがTwitterを活用するための5つのポイント


Twittersamne

2年半ほどTwitterをやっています。(途中、全くやっていなかった期間もありましたが)

フォロワーさんは700人以上います。
私なんぞツイ廃やツイドルの皆さんに比べればまだまだですが、まぁそこそこTwitterを活用できている方だと思っています。

しかし、周りには「Twitterは見るだけ」「なにつぶやいていいかわからない」「Twitterほとんど使ってない」という友だちもかなりいます。

そこで今回はTwitterが苦手!というゲイの皆様に、Twitterを活用する5つのポイントをコッソリお教えいたしましょう。



1.まずはフォロワー100人

Twitterを楽しむコツはまずはなんといってもフォロワーさんを増やすことです。

フォロワーが少ないうちは、つぶやいてもリプ(返信)はほとんど返ってきません。

フォロワーさんが100人を超えたあたりからようやくポツリポツリとリプしてくれる人が出てきます。
300人を超えると、だいたいリプが返ってくるようになります。

まずはフォロワーさんをたくさん増やしましょう。
そのためにはおもしろいなーと思う人、興味をもった人、近くに住んでいる人をドンドン、フォローしていくことです。
フォローし合うツールですから、ためらうことはありません。(嫌だったら後からフォロー解除すれば良いのです)

また、友だちのフォロワーさんをチェックして、その人たちをフォローしていくというのも有効です。

 

2.プロフィールを充実させよう

プロフィールは大事です。
たまごアイコンで、身長体重年齢しか書いていなかったら、それだけであやしい人だと思われます。

なにも、気合いの入った自撮り写真を使ったり、自己アピールが必死すぎるプロフィールを書く必要はありません。(必死すぎるのも逆効果です)
しかし、なんとなくあなたの人となりを知ってもらう必要はあります。

写真は横顔や後ろ姿でも構いません。
プロフィールは住んでいるところ、趣味ぐらいは書いておきましょう。
あなたに興味をもってもらえるかどうかは、プロフィールですべて決まるのです。

 

3.ウケるTweetを模索しよう

最初はなんでも構いません。
テキトーにいろいろつぶやいてみましょう。

ある程度、つぶやき慣れてきたら、どういうTweetがウケるのか、いろいろ試してみましょう。

雑学系がいいのか、ニュース系がいいのか、地元の話題がいいのか、ホゲた方がいいのか、それはあなたの周りのフォロワーさんによって異なります。

まぁ、本当にただの『つぶやき』『独り言』だけをTweetし続けるだけでも良いのですが、Twitterはコミュニケーションツールですからね。
ある程度、反応をいただいた方が楽しいでしょう。

 

4.病みTweetは控えめに!

ひたすら病みTweetを垂れ流す人がいます。
それはNGです。
たまに落ち込んだ時に気持ちを吐露するのは良いですが、できる限り避けた方が良いでしょう。

そういうTweetはあなたにとって何のプラスにもならないし、周りの人から見ても不快でしかありません。
あまりにも過剰だと、アンフォローされたり、周りからスルーされたりしてしまったりします。

 

5.リストを活用しよう

最後に、これは意外と活用していない人が多いですが、『リスト』はとても便利ですよ。

フォロワーさんが200人を超えるとTLを追うのがなかなか大変になってきます。
そこで、リストを作成し、そこに自分が興味ある人を登録しておくと、その人たちのTweetだけを読むことができるようになります。
(ブラウザの『その他』のタブから、リストを作成することができます)

また、カギがかかっていない人であれば、フォローしていなくても、リストに追加することができます。
ニュースやbotなどはそれら専用のリストに登録しておけば、フォロー数を増やさずに、得たい情報だけ得ることができます。

以上、Twitterを活用するための5つのポイントでした。


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。