ゲイがなにかの拍子に女とやることになった際、気をつけたい5つのポイント


medium_3359049348

皆さん、女性とセックスしたことはありますか?

私はあります。
・・・というか、20代前半までは普通に女性と付き合っていました。
10代~20代にかけて、たくさんの女性とセックスしてきました。(いまはガチホモですが)

いや、でもゲイの皆さんも人ごとではありませんよ。
もしかしたら皆さんも飲んだ勢いや強引な誘いなどによって、女性とセックスする日が来るかもしれません。
そんな時のために私が入れ知恵をしてさしあげましょう。



1.間違ってアナルに入れないこと

あ・・・、これはさすがにないか。
訂正。

 

1.女性器はアナルよりもかなり前にあるので注意すること

当然のことですが、女性器はアナルよりも前にあります。
たぶん皆さんが想像しているよりも前の方です。

背骨の直下ではなく、男で言うとチンコの付け根とか、玉のあたりにあります。

私もはじめのころ、女性器に挿入しようとして、なかなか入らないなと思っていたら、
「そこはアナルよ」(←もうこのセリフだけでビッチだとわかってしまう)
などと、いさめられて萎えたものです。

 

2.ゆるいけどがんばってイクこと

女性器はアナルに比べてゆるいです。

アナルは内側から押し寄せる便の奇襲攻撃にも耐えられるよう、肛門括約筋という強力な筋肉で封鎖されています。
いや、そもそも出口専用ですから、侵入しがたい構造になっているのです。

しかし女性器は男性器を受け入れるための構造になっていますから、どうぞWelcome!出入り自由なわけです。

アナルで慣れているバリタチさんはなかなかイケずに苦労するでしょう。

 

3.ゲイビデオみたいなセリフを吐かないこと

「すっげぇ、すっげぇ」とか、「もっと!」とか、「しゃぶって」とか、ゲイビデオでAV男優が言ってるようなセリフを吐かないように気をつけましょう。

いや、そもそもAVなんてヴァーチャルな世界ですからね。
あんなんゲイの世界でもリアルにやってる人は少ないと思います。

 

4.女性器の臭いに耐えること

ゲイはセックスする前にアナルを入念に洗います。
ですから、お風呂に入っていないとか、不潔な人以外はあまり臭わないと思います。

ですが、女性器は臭います。
女性器は粘膜ですから、中まで石けんでゴシゴシ洗うことはできないのです。
また、せっかくお風呂に入っても、おしっこをしただけで、どうしても臭いが付いてしまいます。

69をする時は息を止めることをおすすめします。

 

5.イッた後もやさしくすること

女性と男性ではオーガズムの感じ方が違います。
男性の絶頂は瞬間的、爆発的ですが、女性の絶頂はゆるやかで、その分、男性よりも持続すると言われています。

ゲイはイッたらさっさとアナルから引き抜いて、タチはシャワー、ネコはトイレ。
さっさと後処理をしてゆっくりしたい、という気持ちになりがちです。

しかし、女性とセックスする場合、イッてもすぐに抜いたりせず、事後の余韻をふたりで楽しむ。
それが一番重要です。


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。