実はバイの方が生きづらい??~ゲイの言い分、バイの言い分~


medium_8077576633

via photopin cc

ゲイはバイセクシャルに対して、複雑な感情を抱いています。

男も女もどっちもいけるなんてうらやましい!と思う反面、ちょっと都合良すぎじゃないの?と思ってしまったりもするからです。

しかし、バイの人に言わせると「ゲイよりもバイの方が生きづらい!」らしいのです。



ゲイの言い分

私はゲイですが、かつてバイに対して以下のような思いをいだいていました。

・男も女もいけるなんて、まぁうらやましいこと!

・てか女もいけるなら、普通に女と付き合って、さっさと結婚でもすれば?

・ゲイだって言い切るのがイヤだから、もしくはゲイとして生きるのがコワイからバイって言ってるだけなんじゃないの?

・散々男と遊んどいて、潮時になったらさっさと結婚して子どもつくる気なんでしょ?

・女も男も好きってどういうこと?理解できない。

・・・と、まぁこんな殺気立った思いでバイを見ていたわけです。
しかし、バイの人の話を聞いたり、いろいろ調べたりしてみると、事情はもっと複雑。

バイの人にはバイの人の言い分があるようなのです。

 

バイの言い分

バイの人からすると、ゲイはセクシャルマイノリティ(性的少数者)の中のマジョリティ(多数派)。
バイはセクシャルマイノリティの中のマイノリティだというのです。

たしかに、男を好きになって、肉体関係をもったり、交際したりしようと思えば、否が応でもゲイの世界に足を踏み入れることになります。

しかし、ゲイの世界の多数派はゲイです。
そこではバイは少数派。

そこで自分がバイだとカミングアウトすれば、ゲイから(前述した私の意見のような)差別的な意見を浴びせられ、非寛容な態度で接せられることも多いでしょう。
バイはゲイの世界でも、ノンケの世界でも「自分はゲイともノンケとも違う」「自分は変だ」「自分は理解されない」という疎外感を味わうことになるのです。

 

マイノリティがマイノリティを差別するという愚行

ゲイはセクシャルマイノリティ(性的少数者)で、いままで社会の中で差別される立場にありました。

しかし、マイノリティであるはずのゲイが、知らず知らずのうちにさらにマイノリティであるバイを差別してしまっている。
これはなんとも愚かなことです。

そう気付いてから、私は相手にバイだとカミングアウトされても
「そうなんだー。まぁ世の中いろんな性的指向の人がいるわな」
と思うようにしています。


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。