私がネットで顔写真や個人情報を公開しない理由


medium_75853340

via photopin cc

「なんで顔写真にモザイクかけてるんですか?」
「仕事はなにをしているんですか?」

などとよく質問されます。
しかし、私は『ネット上のオープンな場』で顔や本名、職業などの個人情報を晒すつもりはありません。

今日はその理由を説明します。



自衛のため

一番の理由はこれです。
基本的に、ネット上のオープンな場で顔写真や本名、個人情報を晒すことは危険を伴うことです。

どこで、誰があなたの個人情報を収集しているかわかりません。
誰かがあなたの顔写真を使ってあなたになりすまして詐欺を働くかもしれません。
あなたの顔写真に悪意ある加工をほどこして拡散しようとするかもしれません。

あなたには、それらの行為を防ぐすべはありません。
ネット上に写真を載せるということはそういうことです。

しかも、一度、ネット上で拡散してしまった流出した画像やTweet、個人情報は二度と回収することはできません。
被害に遭ってから警察に相談しても、拡散してしまった情報は警察でも回収できません。

 

カミングアウトしていないから

私はオープンリーゲイ(職場等でカミングアウトしているゲイ)ではありません。
それにはまぁいろいろ考えがあってのことなのですが、ここではその理由は書きません。

ネット上はTwitterでカギをかけていたとしても公共の場です。
顔写真をさらすということは相応のリスクも覚悟しなければなりません。

・・・というような理由で、私はゲイ名&モザイク画像でTwitterやブログをやっているのです。
決してブスすぎて顔出しできないわけではありません。


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。