私は『意識高い系ゲイ』の皆さんを応援します!


medium_2329436525

via photopin cc

「自分はこのままでいいのだろうか?」とか事あるごとに考えちゃう。
文学作品とか自己啓発書的なのを読んじゃう。
バックパッカーとかに憧れちゃう。

そんな『意識高い系ゲイ』の皆さんを私は応援します。



意識高い系

SNSで自己アピールに余念がなく、ボランティア、海外、起業など、なんかすごそうなものに興味をもって、常に前のめりに生きる人のことを『意識高い人(笑)』とか『意識高い系』というそうです。

本来、意識高いことは悪いことではありません。
しかし、なんかちょっとその方向性がズレていたり、いざ仕事をさせてみると全然グズだったりして、結果、周りからウザがられてしまうことも多いようです。

 

意識高い系ゲイ

『意識高い系』というだけでもちょっとメンドクサイんですが、これが『意識高い系ゲイ』となると、話はさらにややこしくなります。

意識高い系の皆さんは、「自分は人を見る目がある」などと、根拠のない自信をもっていることが多いのですが、ゲイの場合はさらにこれに拍車がかかります。

絶対に口にはしませんが、「自分は普通の人とは違う視点をもっている」「自分は芸術的センスがある」「自分は特別」など、選民思想のカタマリみたいなものをもっています。
(そうじゃなきゃSNSで堂々と先進的発言tしたり、自分語りしたりできませんw)

その反面、ゲイであるが故に、独特のコンプレックスのようなものも抱えています。(これも絶対に口にはしませんが)
それで、常に「自分を変えなきゃ!」「もっと努力しなきゃ!」というような焦燥感にかられています。

 

愛すべき意識高い系

まぁ、こんな具合にちょっとウザイ存在である『意識高い系ゲイ』ですが、私としてはとても愛おしい存在でもあります。

私自身も意識高い系(笑)ですから。

私なんかはもう意識高い歴15年ぐらいなので、意識高い系ゲイ界のパイオニア的存在ですよ、ホント。

意識高い系ゲイはちょっと自己アピールがウザイところはありますが、コンプレックスを抱え、いつも自分を変えなきゃと焦っているカワイイやつらなんです。
私はそういう意識高い系ゲイの皆さんを応援します。

意識高い系ゲイの皆さん、一緒にがんばりましょう!

たださ・・・もうちょい力抜こうよw


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。