仲良くしたいけど肉体関係にはなりたくない男からの夜の誘いを断る方法


medium_205467442

via photopin cc

Ask.fmの方でこんな質問をいただきました。

「イケないけど仲良くしたい人からの夜のお誘いを断る方法を教えて下さい」

今回はこの問題について考えてみたいと思います。



友だちとセフレの境界線

ゲイはノンケに比べて乱交傾向にあると言われています。

ノンケに比べて、相手と出会ってから、セックスするまでのハードルが低いのです。

そのため、友だちとセフレ、セフレと恋愛対象、恋愛対象と友だちの境界線があいまいになってしまっているゲイも多くいます。

出会い=セックス、人間関係=肉体関係という人もいます。

 

肉体関係の切れ目が縁の切れ目

カネの切れ目が縁の切れ目

なんて言葉がありますが、ゲイの場合、

肉体関係の切れ目が縁の切れ目

という人もいます。

私も数年前、友だちだった人から誘われて、断り切れずに関係をもってしまったことがありました。
何度か関係をもったのですが、私はセフレのような関係はイヤだったので、その旨をその相手に伝えました。

しかし、結局、その人とはさんざん揉めた挙句に、肉体関係はもちろん、友人関係も途切れてしまいました。

 

自分で線を引く

境界線があいまいだからこそ、自分でキッチリ線引きをしていかなければなりません。

相手と友だち関係でいたいだけなら、そうハッキリ伝える。
変に期待をもたせてしまうと、期待が裏切られた時の相手のショックも大きくなります。

「あなたとは仲の良い友だちでいたい。肉体関係をもつつもりはない」

と、ハッキリ伝えましょう。

中にはそれでゴネたり、腹を立てて去って行ってしまう人もいるでしょう。
でも、そういう人との人間関係は遅かれ早かれ仲は崩れます。

気持ちをハッキリ伝えて、縁が切れたなら、それはそれまでの縁だったのです。
そういう人だと早くわかって良かった!無駄な時間を使わずに済んだ!と思って割り切りましょう。


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。