私がゲイ向けのブログを書く4つの理由


medium_66231929

via photopin cc

私がゲイ向けのブログを書いている理由は4つあります。

半分は自分のため。
もう半分は周りのためというか、自分の経験や知識が少しでもゲイの皆さんのお役に立てばな、という気持ちからくるものです。
キザな言葉で言えば、それは私のミッション(使命)とも言えるものです。

今回は私がブログを書いている4つの理由を紹介します。



1.ゲイの皆さんに自信をもって、幸せ生きてもらいたい

ひとつ目の理由はゲイの皆さんに自信をもって、幸せに生きてもらいたいという気持ちからです。

ゲイサークルをやっていると、ひとり孤独に悩みを抱えているゲイがとても多いことに気付かされます。

私自身も昔はよく悩みました。
私は自分の悩みの答えを見つけるために、心理学やライフハック、性科学、ゲイスタディ、自己啓発、哲学、思想、宗教、教育学などについて勉強をしてきました。
いろんな人と交流をもち、いろんな人生経験も積んできました。

その結果、いまではゲイは悪いことではない、ゲイだって幸せになれる、という確信をもてるようになりました。

その知識や経験、考え方、物の見方を広めて、ゲイの皆さんが自信をもって、幸せに生きる助けになれたらな、と思っています。

※「こんなゲイはダメだ」みたいな一部のゲイをバカにするような記事を書くこともありますが、それはネガティブに生きていないでもっと前向きに生きろよという、皮肉を込めたメッセージでもあります。

 

2.ゲイが読んでおもしろい『読み物』『雑学』を提供したい

ちょっと下ネタっぽくて、でもためになるような読み物や雑学が好きなんです。
例えば、WEBサイトR25の『いわゆる「名器」って存在するの?』のような。

でも、ゲイ向けのこういう読み物ってなかなかないんですよね。

だったら自分で書いてしまおう、ということです。

 

3.学びを記録し、シェアしたい

人は1日に見聞きしたこと、体験したこと、覚えたことの7割以上はその日のうちに忘れてしまうといいます。
それではあまりにも勿体ないので、学んだこと、考えたことをブログという外付けハードディスクに記録しておきたいと考えています。

情報をインプットするだけでなく、自分なりに処理してアウトプットすることで、その情報は自分に身につき、自分の知識となります。

また、私が知りたいことを知りたい人は他にも必ずいます。
私が興味あることに興味ある人は他にもいますし、私が調べたことを調べたい人もいます。

だから、私が学んだことをには、必ず需要があります。

学んだことを、記録し、それをシェアすれば、自分もうれしいし、他の人の役にも立てるかもしれない。一石二鳥なのです。

 

4.トレーニングのため

単なるおしゃべりと文章を書くのとでは、知的活動の次元が全く違います。
ペラペラおしゃべりができる人が文章がうまいとは限りません。
文章には論理性が必要だからです。

また、ブログを書くとなると論理性以外にもたくさんの力が必要になってきます。

・幅広い知識

・トレンドをつかむ情報力

・豊かな語彙力

・ITやモバイル関係の知識

・毎日続けるための継続力

ブログを書くことで、こういう力を高めることができます。


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。