ゲイだから幸せに生きられない?【前編】


幸福度を決める要因

ゲイだから幸せに生きられない?

そんなことはありません。
ゲイであるかどうかなんて、人生の幸福度には全く影響はありません。

人生はあなたの考え方次第で幸せにも不幸せにもなるのです。



あなたの幸福度の半分は遺伝で決まる

驚くべきことに、あなたの幸福度の半分は遺伝で決まると言われています。(幸せがずっと続く12の行動習慣

同じような人生を送っているAさんとBさんがいたとして、その場合、幸福の感度が高い両親の子どもであるAさんは幸福度が高く、幸福度が低い両親の間に生まれたBさんは幸福度が低くなるのです。
幸福度の高さも遺伝するのです。

これは家庭環境の影響ではありません。
生後すぐに別々の家庭で育てられることになった一卵性双生児の間に、幸福度について高い相関関係が見られるそうです。

 

40%はあなたの行動、考え方次第

残りの40%はあなたの日々の行動や考え方の影響で決まると言われています。

つまり、遺伝的には幸福度が低い家系でも、あなたが考え方や行動を変えるだけで40%も幸福度を上げることができるのです。

「50%も遺伝で決まるのか・・・。うちは両親とも幸せそうじゃないし、自分もきっと不幸せになるんだ・・・」
と考えるか、
「自分の考え方や行動次第で40%も変えられるんだ!明日からもっとポジティブに生きよう!」
と考えるか。

あなたの幸福度はどちらの考え方を選択するかで決められるのです。

 

続きは後編で!


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。