ホモ?ゲイ?オカマ?同性愛者の呼称問題


medium_6976992104

via photopin cc

同性愛者はホモ、ゲイ、オカマ、オネエなどさまざまな呼び方をされます。

今日はその用語について整理してみたいと思います。



ゲイ

男性同性愛者のこと。

日本では男性同性愛者のことをゲイ、女性同性愛者のことはレズビアンと言いますが、海外では同性愛者全体を指してGayと呼ぶようです。

 

ホモ

本来の意味はホモセクシャル=同性愛者のこと。

ホモセクシャル=同性愛者
ヘテロセクシャル=異性愛者
バイセクシャル=両性愛者
アセクシャル=無性愛者

しかし、男性同性愛者に対して差別的な意味で『ホモ』という呼称が使われたことが多かったため、現在はあまり使われません。

腐女子をバカにする意味で「ホモォ~」と言ったり、同性愛者自身が自嘲的に自分たちのことを『ホモ』と称することもあります。

 

トランスジェンダー

性同一性障害のこと。
生物学的には男性でありながら心は女性(もしくはその反対)という人のことを指してトランスジェンダーといいます。

これは同性愛、異性愛のように性的指向に関する言葉ではなく、心と体の同一性がずれてしまっている状態のことをいいます。

 

オカマ、オネエ

昔は男性同性愛者やトランスジェンダーのことを全部ひっくるめて『オカマ』と言いました。
現在では同じような意味で『オネエ』という言葉が使われています。

少なからず侮蔑する意味も込められていますが、同性愛者自身が自嘲的に『オカマ』『オネエ』と自称することもあります。

厳密に言うと、オカマ、オネエという言葉の中には

・女性っぽい男性同性愛者・・・楽しんごなど
・性同一性障害(体は男性だが、心は女性)・・・はるな愛、IKKOなど
・女性っぽい男性異性愛者・・・尾木ママなど

という3つの意味が含まれています。

 

LGBT

・L・・・レズビアン
・G・・・ゲイ
・B・・・バイセクシャル
・T・・・トランスジェンダー

4つの性的少数者を合わせてLGBTといいます。

 

クィア

LGBTを指して『クィア』(Queer)ということもあります。
(クィアのもともとの意味は『不思議な人』『変人』という意味)

かつて海外で差別用語として使われていましたが、いまはゲイの学問のことを『クィア・サイエンス』『クィア・スタディ』と言ったり、同性愛者自身が自分たちのことを『クィア』と呼ぶこともあるようです。


2016年8月より、当ブログの運営・執筆はLGBTサークル『CBM』に移管されました。

当ブログについて説明はこちらをお読みください。